生命保険金・死亡退職金それぞれに法定相続人の数×500万円の基礎控除額

相続税を計算する際に、生命保険金・死亡退職金はみなし相続財産として課税遺産総額に含められます。 しかし生命保険の死亡保険金や死亡退職金というのは、残された家族の生活を保障するという大切な目的をもった遺産ですので、ある一定の基礎控除額が設けられています。 それは、法定相続人の数×500万円で計算できます。相続を放棄した者がいても、その者も数に含めてください。 また養子がいる場合は、実子がいれば1人まで、実子がいなければ2人まで数に含めることができます。 では、具体的な例をあげて考えてみましょう。 契約者・被保険者である夫が死亡し、妻が死亡保険金3,000万円を受け取りました。法定相続人は妻と子ども3人です。 子どものうち1人は実子で2人は養子です。養子の二人は相続を放棄しています。 この場合、妻・実子1人・養子1人の3人×500万円で1,500万円が非課税になるので、みなし相続財産として課税遺産総額に含まれるのは1,500万円になります。 ここでひとつ注意が必要なのは、もしこのケースで子どもではなく受け取人である妻が相続放棄をしていたら、非課税の適用はありません。 相続人以外の取得した死亡保険金は非課税の適用はなく、相続を放棄した人や相続権を失った人も相続人以外とみなされるからです。

 

Comments are closed.