相続発生時の残高が課税評価額

相続が発生したとき、残されている遺産の額によっては、相続人は遺産の総額を計算した上で、税務署に申告・納税をする必要が生じてきます。比較的算出が楽だと感じられる現金や預貯金であっても、流動的なものですので課税評価額を算出するときには注意が必要です。例えば、遺産の評価のタイミングは相続発生時の残高というのが原則です。現金があり、被相続人の死亡後に葬式などでそれらを使った場合、死亡時の残高が基準となりますので、きちんと記録をしておく必要があります。また、預貯金の場合も、相続発生時点の残高が評価額になります。死亡後に預金利息がついていたり、引き落としがあった場合などは最終残高ではないことに注意しましょう。なお、定期預金の場合には、相続が発生した時点までの経過利息を加えた金額が評価額となりますが、普通預金の場合には金利が低いこともあり、よほど利息が高額にならない限りは、経過利息は参入しなくても良いということになってます。特にここ最近の預金金利は低迷していますので、利息で気をつけなければならないのは定期預金のみと考えておいても問題はないでしょう。外貨預金の場合には円貨に換算する必要もありますので要注意です。

Comments are closed.